遺産分割協議をやり直し


相続人間の話合いによって有効な遺産分割協議が行われましたが、
その後の事情の変化により再度、遺産の分割を行いたいと考えています。
このような場合、有効に成立した遺産分割協議をやり直すことは可能なのでしょうか。


遺産分割協議につき、無効原因または取消原因が存在するときは、
共同相続人は家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てによって
遺産分割のやり直しを請求することができます。
無効原因や取消原因がない場合でも、共同相続人の全員の合意があれば
遺産分割協議のやり直しをすることは可能です。

但し、遺産分割協議のやり直しを行い、
これによって各相続人の取得する財産の内容が変更されますと、
税務署がこれを共同相続人間の実質的な贈与とみなし、
贈与税が課税されるおそれがありますので、
遺産分割協議のやり直しにはご注意下さい。



少しでも気になることが有る方、是非一度ご相談下さい。 相談は無料で承っております。

メインメニュー

サブメニュー