相続人の中に行方不明者がいる場合


相続人の中に行方不明者がいる場合はどうするのですか?


行方不明の人がいる場合にはそのままの状態で遺産分割を行うことはできません。

行方不明者については、
失踪宣告の制度と行方不明者の財産管理の制度がありますので、
それを利用して遺産分割協議を行う事ができます。

失踪宣告の制度は、行方不明者の生死が7年間不明な場合に、
利害関係人が家庭裁判所に申立てを行うことにより、
一定の条件の下において行方不明者を死亡したとみなす制度です。

一方、行方不明者の財産管理の制度とは、
行方不明者以外の共同相続人が利害関係者として、
家庭裁判所に財産管理人の選任を請求するものです。
行方不明者の財産管理人が選任された場合、
家庭裁判所の許可を受けた上で遺産分割協議に参加をすることができます。



少しでも気になることが有る方、是非一度ご相談下さい。 相談は無料で承っております。

メインメニュー

サブメニュー